読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書の雛形を無料で提供 契約書のサンプル (セミナー講師の委託)

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。
セミナー講師基本契約書サンプル

〇〇〇〇株式会社(以下「甲」という)と〇〇〇〇(以下「乙」という)とは、乙への講師の依頼に関して、その基本的事項に関して次の通り契約(以下「本契約」という)する。
 
(目的)
第1条  甲は、乙に対し、甲の経営及び主宰する〇〇〇〇の会における、セミナー講師業務及びこれに付随する指導業務を委託し、乙はこれを受託する。

(方針)
第2条  乙は、甲の決定したテーマ、講義内容、コンセプト、指導方針を尊重するものとし、可能な限りこれら甲の方針に基づき講義、指導をする。

(講義内容)
第3条  乙の担当する具体的講義科目、講義内容詳細、セミナー日程及び講義時間等の必要事項は、講義の三か月前までを目安に、甲乙間で決定する。
2  乙は、前項の内容に沿ったカリキュラム、テキスト、資料を作成し、講義の少なくとも○日前までに、データまたは書面の状態で甲に提出しなければならない。

(継続指導)
第4条  乙は、〇〇〇〇の会において行われる研修、方針説明会等に、甲より参加を要請されることがあることを了解し、可能な限りこれに応じて参加するよう努める。

(報酬及び経費)
第5条  甲は乙に対し、セミナー講師その他の業務に対する対価として、別途甲乙間で合意した報酬を、毎月末日締切計算のうえ、翌月○日に支払う。
  2  乙が講義のための準備に要する資料作成等の作業の報酬は、前項で定める講義に対する報酬に含まれる。ただし、特別の取材を要した場合や経費清算等、別に定める基準により事前の甲の同意を得た経費については、支給される。この場合において、甲は乙に対し、乙が、委託業務を遂行するために費やしたと認められる費用を、毎月末日締切計算のうえ、翌月○日に支払う。

(契約解除)
第6条  甲は、乙が次の各号の一つに該当するときは、直ちに本契約を解約することができる。

① 乙が、1週間以上の余裕をもって事前に甲に対して連絡することなく、セミナーを実施しなかったときまたは予定した時間を30分以上短縮して実施したとき
② 乙が、〇〇〇〇の会の名誉を傷つけ、または同会になんらかの損害を与えたとき
③ 乙が、本契約の各条項に違反したとき

(期間)
第7条  本契約期間は、平成〇〇年〇〇月〇〇日までとする。
 

上記契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                       甲 住所
                         〇〇〇〇株式会社   印

                       乙 住所
                         〇 〇 〇 〇    印