読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書サンプル (物品売買営業代行)

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。
売却に関する業務委託契約書サンプル

〇〇〇〇(以下「甲」という)と〇〇〇〇(以下「乙」という)とは、動産の売買に関する業務の委託に関して、次の通り契約(以下「本契約」という)する。
 
(契約の成立)
第1条  甲は、乙に対し、甲の所有する、別紙動産目録記載の動産(以下「本件動産」という)を売却すること及びこれに関連する一切の交渉事務をなすことを委託し、乙はこれを承諾した。

(売却期間)
第2条  乙は、本件動産を、平成〇〇年〇〇月〇〇日までに、売却しなければならない。同日までに本件動産の売却を完了しなかったときは、本契約は終了するものとし、乙は、売却にいたらなかったときは遅滞なく、甲に対しその旨を報告するものとする。

(瑕疵)
第3条  乙は、本件動産になんらかの品質上の異常や瑕疵を発見したときは、遅滞なく、甲に対し報告し、対応について指示を受けるものとする。

(売却額)
第4条  乙は、本件動産を別紙(動産目録)記載の金額以上の代金にて売却するよう努めるものとし、また、売却代金額の最終的な決定及びこれに関する判断にあたっては、事前に甲と協議し、甲の承諾を得るものとする。

(対価)
第5条  甲の乙に対する本契約に定める業務の対価は、金〇〇〇〇円とし、本件動産の売却が完了したときは、さらに売却代金の〇パーセントにあたる金額を成功報酬として追加的に支払うものとする。
  2  甲は、乙に対し、前項の対価及び成功報酬を、本件動産の売買代金を受領した時に支払う。

(費用)
第6条  本契約第1条所定の委託事務の処理に必要な費用があるときはこれを、乙の負担とする。

(復代理人)
第7条  乙は、必要のある場合には、事前の甲の同意を得たうえで、復代理人を選任することができる。


上記契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。
  
 平成〇〇年〇〇月〇〇日
                       甲 住所
                         〇 〇 〇 〇    印

                       乙 住所
                         〇 〇 〇 〇    印

別紙
(本件動産の表示)

品目  
価額