読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書にする「署名」と「記名」って どう違うの?

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。

 

竹永です。

 

 

こまかい

言い回しの違いってありますよね。

 

 

■契約書には署名する? 記名する?

 

 

あたりまえですが、

契約書には当事者がお互いにサインをします。

これが契約の締結ですね。

 

 

ただ 意外と迷うのが

そのハンコや署名ではないでしょうか。

どのハンコを押すんだっけ? などですね。

 

 

結論から言うと契約書には、

「署名」をして「実印」を押すのが

も望ましいです。

 

 

もちろんそれ以外すべて無効になるわけではありませんが。

 

 

署名と記名は、どう違うのかというと、単純で、

直筆かどうかが違います。

 

 

つまり本人が手で書いたのを署名といいます。

筆跡が残るはずだから、

署名は契約書にうってつけなのです。

 

 

■記名も一般的

 

 

でも一般的にビジネス契約書では

殆どがプリンターでの印字ですね。

 

 

これは署名ではなく「記名」と言います。 

 

記名は誰でもマネできてしまうところから、

署名のような証明力は無いものとされています。

 

 

ようするに記名だけでは

その書類が本人のものによるとは信用されないわけです。

 

 

そこで、

特に記名の場合は必ずハンコが必要になってくるのです。

 

 

■契約書に実印を押す理由とは?

 

 

 「実印」とは、

市区町村や法務局に 「印鑑登録してあるハンコ」のこと。

 

 

登録するわけですから、

当然住所氏名が証明できますね。

 

 

だから契約書にはやっぱり実印を使うべきだよね、

というのが常識になっています。

 

 

あくまで登録してあるかどうかの違いですから、

いかに立派な書体や豪華な印材が使われていたとしても、

登録されていなければただのハンコ(認め印)にすぎません。

 

 

 

実印というのがいつからあったのかわかりませんが、

 

明治時代の法律には、

 

「諸証書ノ姓名ハ自書シ実印ヲ押サシム」

(明治10年7月7日 太政官布告

 

という用語が残っていて、

どうやらこのあたりが実印制度の出発点のようです。 

 

 

■ビジネス契約書の署名欄の書き方

 

 

ビジネス契約の場合は、

実印といっても、

個人のではなくて、法人の代表印(丸いもの)が該当します。

 

結局、

ビジネス契約書の署名欄は、

 

 

住所(東京都・・・)

肩書(代表取締役など)

氏名(山田 太郎) + 法人代表印

 

 

と「記名」されたうえで法人代表印が押されている、

というのがパターンのひとつになっていますね。

(「署名」してももちろん構いません。)

 

 

ちなみにこの際、

「肩書」をつけ忘れないのも、

ポイントのひとつです。

 

 

当事者適格といって、

当事者がどういう立場、権限でサインしたのかは、

契約では重要だからですね。

 

 

 

ハンコと言えば、

欧米諸国にはサイン文化がありますから、

英文契約書のほとんどはハンコのようなものは押されてなくて、

サインだけです。

 

 

実は日本にしても、

もともとは署名することをもって

「 本人による文書であることの証明」

にしていたのです。

 

 

武士の手紙などには 花押(かおう)という、

漢字一文字を図案化したようなかっこいいマークが

署名代わりに入っていますよね。

 

 

ちなみにこれは豊臣秀吉の花押です。

 

 

f:id:takecyankun:20170117130822p:plain

 

 

加えて、少なくとも江戸時代には

町人文化のなかですでにハンコが広まっていたようなので、

ハンコの習慣も古くからあったといえそうです。

 

 

 

■デジタル化でハンコはなくなるのか?

 

 

今後は日本でも電子署名なども活用され、

技術的にさらに改善がすすめば

ハンコによる署名方法も変わってくると思います。

 

 

ただやはり紙の契約書に真っ赤なハンコが押されていると、

なんとも正式で、豪華な印象があり、

こうしたリアルな実感もまた馬鹿にできません。

 

 

慣れ親しんだ者にとっては、

紙への信頼は強く、代えがたいものがあります。

 

 

紙ベースの契約書にもまだまだ便利な要素もあり、

そう簡単に廃れるものでも無いような気がしています。