読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

知ってました? 契約書のタイトルは自由に決められる

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。

 

 

■タイトルは自由に決めていい

 

契約書のタイトルは、

自分で自由に決めていいということを、

私は行政書士になってから知りました。

 

 

「契約書」でもいいし、

もっと長いものや凝ったものにしてもいいのです。

(もちろん契約内容に合っていないとなにかと不都合がありますが。)

 

 

地味な知識ですけど、

こだわってつけたタイトルは

かっこよくみえるものですね。

 

 

 

■タイトルはどうやって考えるのか?

 

 

とはいえタイトルですから、

少しは内容を反映させたものにしたいところです。

 

よくあるパターンは、

 

「○○に関する契約書」

 

というタイトル。

 

 

あなたがウェブサイトをつくってあげるサービスをやっているなら、

「オリジナルサイト制作サービスに関する契約書」

みたいにします。

 

■契約書か、約款か、覚書か

 

 

ときどき、

 

 

「約款」とすべきか、

 

「契約書」とすべきか、

 

「覚書」とすべきか、・・・

 

 

などと悩む方もいらっしゃいます。

約款といった場合は、

たとえばサイト利用規約のように、

 事業者が多数の利用者に向けて一方的に発表する内容の

契約という意味で名付けます。

 

いちいち交渉して個別に契約するわけではなくて、

一体多数のルールですね。

 

 

契約書と覚書は、

こうした区別はありませんので、

どちらをつかってもいいのです。

 

ただ、覚書のほうがなんとなく

ライトなイメージがあるようで、

ボリュームの少ない契約書や、

なにかの契約書に付帯して取り決めをする、

あるいは補足的に約束する、といったニュアンスで

つかわれます。

 

 

■前文は書くべきか?

 

契約書の、

タイトルから第一条の書き出しのまえに、

数行の前文がついていることが多いですね。

 

ここには、

 

だれとだれが、

どういう内容の約束をしたのか、


ということが簡潔に書かれています。

それと、

 

「・・・それを証するために、

以下のように契約した」

 

とかですね。

 

 

 

ようするに当事者がだれで、
目的の商品がなにであるか、

契約全体が前文でみわたせるようになっています。

 

契約の解釈に影響を与えるところなので、

ここはぜひ間違えずに、手を抜かずに、

それでいて簡潔に書いておきたいところ。

 

 

■前文はどう書いたらいいのか?

 

 

意外と前文も、

契約書作成者のセンスがあらわれやすい部分です。

 

シンプルなパターンとしては、

 

 

「○○を甲とし、
○○を乙とし、
本日、
甲と乙とは、
甲乙間における○○製品の売買取引に関し、
その基本的権利、義務、責任につき、
以下の通り契約する。」

 


という形です。

 


ここに、その取引に至った経緯なども書き添えると

なんとなく契約がオリジナリティをおびて、

読みやすくなります。

 

■よりかっこいい前文の書き方

 

 

たとえば、

ライセンス契約なんかの場合で、

 

 

「ライセンサーは○○の装置の
開発に従事しており、
ライセンシーは○○の改造工事を
専門としてきた。


今般ライセンサーは○○の技術開発に成功し、
同技術を他社に許諾できる立場にあるところ、
ライセンシーは、
○○のライセンスをライセンサーから
取得したいと望んだので、

 

ライセンサーは本日、

本契約の条件にしたがい、
ライセンシーに対し
同技術のライセンスを
与えることに同意した。」

 


のような書き方ですね。

 

こうすると、

取引の背景がイメージできて、

契約書が美しく明確になる気がします。

 

おすすめです!