読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

適法なら、どんな約束でも「契約」になるのか?

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。


適法な「約束」だったらすべて「契約」になるのか?
という方向で考えるのも、
契約のロジックを学ぶ上でいい練習になる。


法律違反でなければいいか?
適法な約束ならすべての意思表示が契約となるのか?

というと、
当然ながら例外がある。

よく引き合いにだされるはなしとしては、
飲み屋の約束。
カフェー丸玉事件(大判1935年4月25日)判決が有名だ。

約束はしても、
訴えによって履行の請求を成す権利を否定されたという例だ。

約束の存在自体は認めているから、
そもそも契約の不存在とはすこしちがう。

法律の強制力の行使などによって
「国家が介入すべきでない「約束」もあると考えられていることになる。

飲み屋でかわした約束が拘束力をもたないのではないか
というような主旨の判例である。

まあ言われなくても実感としてはよくわかるのだけど、
あえて法的な理論にもちこめば、
給付保持力はあるが訴求力がない債務=「自然債務」とする考え方や、

いや、心裡留保だから、と考えることもできる。


心裡留保とは、
意思表示が、その意思表示をした者の真意と異なる意味に理解されること
(意思と表示とが不一致であること)を知りながらする意思表示のこと。

ようは
約束の体裁はとっていたけれど、
「あれは冗談だ」っていうようなことだ。

この場合意思表示は原則として有効(民法93条本文)。

でも
相手方が表意者の本当の意思(真意)を知っていた、
あるいは注意すれば知りえたようなときは
意思表示は無効、
とされている(同法93条但書)からややこしいが。


そんなわけだから、
契約書の作成者は、

民法をはじめ、そのビジネスに関連する法令を徹底的に調べ、
状況判断することで適法な契約を心がけることになる。

ただし違法性などの最終判断は、
裁判所が行うわけで、
普通の人は厳密にはリスクを予測するまで。

法令、判例を調べて、
それらを解釈して知っておく、
備える必要があるわけだ。


ポイントをまとめるとすれば

・契約は、表示された意思が根拠となって成立している
・原則として、申込みと承諾の一致が契約の成立過程である
・契約は、原則として自由に結んでよい(内容も、相手も)
強行規定に違反すれば無効となる。公序良俗に違反すれば無効となる。
・その他、社会常識のようなものも有効性に影響することがある。
・契約の有効性について最終的な判断をするのは裁判所・法令や判例を参考にして契約を結ぶ必要がある。