読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

企業にとっての契約書のメリットとは?

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。

企業にとって契約書のメリットはなんでしょうか?

まず取引の証拠が残りますから、
相手と「言った」「言わない」「聞いてない」といった
水掛け論になるのを防ぎます。

加えて、契約書という証拠が残っていることで、
相手は「聞いていなかった」「知らなかった」「わからなかった」どという主張、
言い訳ができなくなります。

取引が多少複雑なものだったとしても、
伝え忘れや確認漏れを防ぐ、
備忘録としての役割があるのですね。

さらに、契約書を交わしたからには
「約束をきちんと守らなければ」という動機づけ、
心理的なプレッシャーにもなり、債務不履行を予防する効果もあります。

契約とは、簡単にいえば「お互いに守るべき約束」のことです。
そしてビジネスで一番守ってほしい約束とは?


やはり代金額や、その入金日といった、
支払に関することですよね。

契約書は債権の管理をするための記録と、
その証拠書類として活用されています。

債権だけでなく、自社の商品やサービスを守るためにも、
契約書は重要な役割を果たします。

ビジネスには多少なりとも不確定な要素はつきものですが、
相手と様々な条件を交わすことで
リスクを最小限に抑えることができるのです。

たとえば商品が間違った使い方をされて
壊れるかもしれないと言う問題(保証や免責)、
あるいは秘密情報や顧客リスト、
ノウハウなどが漏洩する可能性もあります(守秘義務や秘密保持)。

契約書はそうした「目に見えない権利」についても
事前にルールを決めることで、
取引のリスクから企業を守るのです。

ただし
企業の契約書活用で大事なことは、
契約書はけっして、結果をつくってくれるものではなく、
交渉のツールとしてつかうことで、
すこしでも有利になるための道具だということ。

決して、契約書にたよりきりにならないで、
むしろ積極的につかいこなすべきものです。


こういう契約書になっているから安心、
ということは、基本的にはないと思って下さい。

サッカーでいえば、
ルールがきちんと決められている。
これは大前提です。


でも、ルール通りになるかどうかは、
プレーヤーにもよります。
ホームか、アウェーかにもよります。
審判にもよります。
相手チームのでかたにもよります。

そういうたくさんの要素のなかの、
重要なひとつのツールが、
契約書なわけです。

だから契約書の知識をたくわえて、
どんどん活用できる、
交渉のロジックを補強できるようにしたいところです。