読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

印紙はどちらが負担するの?

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。

契約書には印紙を貼る場合がある

貼らない場合もある。

というのは印紙税法できまっているから、
それにしたがえばいいとして、
問題は、その印紙代はだれが負担するのか、
ということ。

これはけっこう悩む。

通常、契約書は自分と相手とで、
一通ずつ保管することになるから、
二通作成する。

このとき、その契約書が課税文書だったら、
二通とも、両方に印紙を貼らなければいけなくなる。

けっこう、印紙代もばかにならない金額になる可能性があるわけですね。

相手に負担させていいものか、
かといって、自社も無駄に負担したくはない。
という葛藤が生じますね。

代替は、折半でいいのでは、
ということになり、
実際、それぞれ自社の分を負担して、
ということは多いです。

が、やはりビジネスですので、
どちらか一方が負担することも珍しくはなく、
低額の印紙代だったらサービスで貼っておいてくれたり、
ということもあります。

結局、

1 なるべく平等にすべく、印紙代は折半にしませんか、と言えるといい

2 小額の場合、サービスで負担してあげるという対応もあり得る

という選択肢があると思います。

ただ、印紙を貼らなくてもいい文書だったら、
こんなに楽なことはないわけで、
印紙税額一覧表をよく見て、
無駄に貼ることが無いようにしたいですね。