読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書の雛形を無料で提供 契約書サンプル (抵当権設定)

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。
抵当権設定契約書サンプル

株式会社○○○○(以下、「甲」という。)と株式会社○○○○(以下、「乙」という。)とは、次の通り抵当権の設定に関する契約(以下、「本契約」という。)を締結する。

第1条(抵当権設定)
乙は、甲と乙とが平成○年○月○日付けで締結した業務委託契約(以下、「原契約」という。)に基づいて、乙が甲に対して負担する下記の債務を担保するため、甲に対して、乙の所有にかかる本契約書末尾記載の不動産(以下、「本件不動産」という。)に順位○番の抵当権を設定する。


1)契約締結日
2)債権の額
3)内容
4)利息 年 ○ %
5)損害金 年 ○ %

第2条(保証)
乙は、本契約を締結するに際し、法令その他必要な所定の手続を経ていることを甲に対し保証する。
2. 乙は、本件不動産上に甲の抵当権に影響を及ぼす権利その他一切の瑕疵が存在しないことを保証する。

第3条(登記)
乙は、本契約第1条による抵当権設定の登記手続を速やかに完了し、その全部事項証明書を甲に提出するものとし、以後、本抵当権について各種の変更の合意が成されたときも同様とする。

第4条(保全・増担保)
乙は、善良なる管理者の義務をもって本件不動産を管理するものとし、甲の書面による合意なくして、以下の行為をしてはならないものとする。
1)本件不動産の現状を変更すること、または本件不動産を毀損すること
2)本件不動産を第三者に譲渡すること、または譲渡の予約をすること
3)本件不動産に第三者のための権利を設定すること
4)本件不動産を第三者に貸与もしくは第三者の占有に移すこと
2. 本件不動産について、天災地変その他原因のいかんを問わず、滅失、毀損その他価値の変更または減少が生じたとき、またはそのおそれがあるとみとめられるときは、乙は直ちにその旨を甲に報告する。
3. 乙が本条第1項の義務に違反し、または前項の事態が生じたときは、乙は遅滞なく甲の請求に応じて、本契約第1上の債権を保全するに足る十分な増担保を提供するか、その全部を弁済しなければならない。


第5条(補償金)
本件不動産についてその収用その他の原因により、乙に補償金等の債権が生じたときは、乙は甲に対し、当該債権に質権を設定するか、あらかじめ甲が当該保証金等の金員を受領できるよう手続しなければならない。
2. 前項の金員を甲が受領したときは、乙の債務の弁済期によらず、乙の債務の弁済に充てることができる。

第6条(建物担保提供義務)
本件不動産上に建物が増築または新築されたときは、乙は直ちに甲に報告するものとし、当該増築または新築された建物を、本契約に基づく増担保として、抵当権を設定しなければならない。

第7条(報告)
甲が本件不動産に関し、現況の調査を必要とし、または乙に対して現況の報告を求めたときは、乙はその要請に応じるものとし、甲の指定する事項について合理的な範囲内で報告するものとする。

第8条(担保対象)
本契約に基づく抵当権の効力は登記簿その他の公簿上の記載また電磁的記録にかかわらず、現在及び将来の付属建物、増改築部分、付随設備等一切の付加物及び従物におよぶのであって、乙は、甲の請求に応じて直ちに必要な登記その他の手続をとらなければならない。

第9条(借地上の建物)
乙は、本件不動産が借地上の建物である場合、本件不動産の敷地所有者との借地契約の内容について、甲に当該賃貸借契約書の写しを添付の上報告しなければならない。本件不動産の敷地所有者の変更または賃貸借契約の内容の変更があったときはも同様とする。
2. 乙は本件不動産の敷地について、借地契約期間が満了したときは、直ちに当該借地契約の継続または保全の手続をとらなければならない。当該借地契約の、敷地所有者からの解除、解約の申立、立ち退きの要請、契約更新の拒絶等があったときも同様とする。
 
第10条(損害保険)
乙は、乙の費用負担によって、甲の指定するまたは承認する保険会社と、本件不動産を目的とした甲所定の保険金額をまかなうに足る、火災保険等の損害保険契約を締結するものとし、本契約に基づく抵当権が存続する間これを継続しなければならない。
2. 乙は、甲の事前の承認なく前項の保険会社及び保険契約を変更してはならない。
3. 乙が本条第1項の保険契約の締結等を怠ったときは、甲は本件不動産を目的とした損害保険契約を締結し、その保険料を支払うことができる。この場合において、甲が保険料を支払ったときは、乙は甲に対し、甲の支払った保険料及びその手続に要した費用に、甲がそれらの支払いを成した日から年率○%の割合の遅延損害金を付して支払うものとする。

第11条(保険金)
乙は、原契約に基づく債務を担保するため、前条の保険契約に基づく保険金請求権等の一切の権利に甲のための質権を設定し、もしくは当該保険契約に抵当権者特約条項を付すものとする。
2. 前項の損害保険契約に基づく保険金を甲が受領したときは、甲は、乙の債務の弁済期にかかわらず、乙の債務の弁済に充てることができる。

第12条(期限の利益喪失)
乙と甲とが締結した原契約に定める期限の利益の喪失条項による他、乙が本契約条項の一にでも違反した場合、または本件不動産が滅失、損傷、または著しい減価を生じた場合には、甲の請求により、乙は原契約の債務について期限の利益を失い、直ちに債務全額を弁済するものとする。

第13条(費用負担)
本契約に基づく登記費用、甲の抵当権実行に際し要する費用、その他本契約に関する一切の費用は、原契約の債務者たる乙の負担とする。


第14条(管轄)
甲及び乙は、本契約に関し、訴訟の必要が生じたときは、○○地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。

以上、本契約成立の証として本書2通を作成し、甲乙各自1通を保有する。

平成年月日

(甲)東京都○○○
 株式会社○○○
 代表取締役○○ ○○ 印

(乙)東京都○○○
 株式会社○○○○
 代表取締役○○ ○ ○ 印



物件の表示

(土地)
所 在  市 町 丁目
地 番  ○○番
地 目  宅地
地 積  ○○,○○平方メートル

(建物)
所 在  市 町 丁目
家屋番号 ○○番
種 類  居宅
構 造  木造スレート葺
床面積  ○○,○○平方メートル