読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書の雛形を無料で提供 契約書のサンプル (コンサルティング契約)

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。
コンサルティング契約書サンプル

〇〇〇〇(以下「甲」という)と〇〇〇〇(以下「乙」という)とは、乙が甲の従業員に対して行う経営管理上の教育指導等の業務に関して、次の通り契約(以下「本契約」という)する。
 
(目的)
第1条  甲は、乙に対し、経営上の○○○の内容に関して、乙が別紙記載の項目を乙及び乙の従業員に対して指導する業務(以下「本件アドバイザリー」業務)ということを委託し、乙はこれを受託した。

(指導料)
第2条  甲は、乙に対し、本件アドバイザリー業務の対価として、別紙(アドバイザリー業務報酬基準書)にて詳細に規定する金員を、毎月末日限り、乙の指定する銀行口座に振込む方法により支払うものとする。

(諸経費の負担)
第3条  乙が、本件アドバイザリー業務の一環としての業務遂行のために、出張旅費等の特段の費用を必要とする場合は、その都度、乙より甲に申請することにより、協議の上その負担者及び支給の方法について定めるものとする。

(秘密保持義務)
第4条  乙は、本契約の締結前に行われた交渉の段階、または本件アドバイザリー業務の遂行の段階において、乙が知り得た甲の技術上及び営業上の一切の情報について、第三者に漏洩せず、また、第三者に開示してはならない。ただし、乙が知り得た時点ですでに公知の情報、乙自身が所有していた情報、乙が知り得た時点より後に自己の責に帰し得ない事由により公知となったもの、乙が第三者から機密保持義務を負うことなく適法に入手した情報、その他乙が、知り得た時期の前後によらず独自に開発したことを証明し得る情報についてはこの限りでない。

(業務に基づく権利)
第5条  本件アドバイザリー業務の実施によって、工業所有権、著作権その他の知的財産権等が発生することになった場合の当該知的財産権等の取扱は、その都度、甲乙間で協議して決定するものとする。

(契約期間)
第6条  本契約期間は、平成〇〇年〇〇月〇〇日までとする。ただし、同期間終了の○ヶ月前までに、延長しない旨の申出が、甲乙いずれからもない場合は、本契約は、自動的に〇年間延長されるものとし、以後も同様とする。
 
 上記契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                       甲 住所
                         〇 〇 〇 〇    印
 
                       乙 住所
                         〇 〇 〇 〇    印