読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書の雛形を無料で提供 契約書サンプル (特約店)

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。
特約店(販売店)契約書サンプル

〇〇〇〇株式会社(以下「甲」という)と〇〇〇〇商店(以下「乙」という)は、乙を甲の特約店とする旨を取り決め、以下の通り契約(以下「本契約」という)した。
 
第1条  甲は、乙に対し、別紙記載の取扱商品(以下「本件商品」という)を継続的に売渡し、乙はこれを買受けたうえ、本契約に基づき、甲の「特約店」である旨の表示をしてこれを販売することができる。

第2条  乙は、現在の乙の支店である、○○店(住所○○○○)において、本件商品の販売を行うものとする。
  2  乙は、新規に支店を開き、甲の新たな特約店として営業する場合には、事前に別途、甲との契約を締結しなければならない。

第3条  乙は、自己の名において本件商品を販売し、広告、看板等に甲の特約店である旨の表示をする。
2 前項の表示に関する具体的な掲載基準、規則については、事前に甲乙協議の上合意し、別紙にて取り交わすものとする。

第4条  甲は、甲の特約店たる乙の支店のある地域において、本契約の有効期間中、本契約と同一または類似の条件による、他社の特約店またはこれに類する形態の契約を締結した店舗を設置しないものとする。
  2  乙は、本契約の有効期間中、本件商品と同種または類似の商品に係る仕入れ、販売、取次、紹介、その他の商取引上の取扱いをしないものとする。

第5条  乙は、毎月月末までに、翌月分の購入数量を注文書により発注する。甲乙間の売買価格は、別途定める。
  2  甲が、前項注文書受領後〇日以内に変更の申立をしなければ、注文書通り売買契約は成立したものとみなす。
  3  乙は、本件商品につき、毎月〇〇個を最低量として購入しなければならない。

第6条  乙は、本件商品の受領の際、事前に甲乙合意して取り決めた検収基準に従い点検した上、合格した者のみ受け入れるものとし当該受領した本件商品について、受領書を交付する。
  2  乙は、前項の受領書交付後は、本件商品を甲へ返品することはできないものとする。但し、本件商品に隠れた瑕疵が見つかった場合で、受領後○ヶ月以内に、乙が甲に対し書面で当該瑕疵を通知した場合はこの限りでない。

第7条  本件商品の代金は、受領書交付後○日以内に、乙より甲に持参あるいは振込む方法により支払うものとする。

第8条  甲は、乙に対し、本件商品の希望小売価格を指示することができる。
  2  乙は、本件商品の販売価格を値下げする際には、事前に甲と協議しなければならない。

第9条  乙は、本契約による債務及び損害賠償の保証として金〇〇円を甲に預ける。
  2  保証金には、利息を付せず、本契約が終了したときは速やかに、乙の甲に対する債務を控除した残金を乙に返還する。

第10条  甲は、乙において次の各号の一つに該当する場合、何ら催告することなく直ちに本契約を解除することができる。
① 一度でも、売買代金の支払が遅滞したとき
② 銀行取引停止処分を受けたとき
③ 第三者から強制執行を受けたとき
④ 民事再生・あるいは会社更生等の申立を受けたとき
⑤ 信用状態の悪化等あるいはその他契約の解除につき、相当の事由が認められるとき

第11条  本契約の有効期間は、本契約成立後〇年間とし、期間満了〇ヶ月前までに、甲乙が互いに相手方に対し、文書による更新拒絶の申出をなさない限り、さらに〇年間更新されるものとし、以後も同様とする。

第12条  この契約に定めのない事項またはこの契約の条項の解釈に疑義を生じたときは、甲乙誠意をもって、別途協議のうえ定め、円満解決を図るものとする。
 
以上を証するため、本契約書を2通作成し、甲乙記名捺印のうえ甲乙各自1通を保有する。
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                   甲 住所
                     〇〇〇〇株式会社
                     代表取締役 〇 〇 〇 〇  印

                   乙 住所
                     〇〇〇〇商店
                     〇 〇 〇 〇        印