わかる! 使える! 契約書の基本

契約書は経営、起業・独立、副業に必須のスキルです! 自分で契約書がつくれると楽しいですよ

契約書の雛形を無料で提供 契約書サンプル (代理店契約)

オフィシャルサイトでは参考にしていただきたいビジネス契約書のサンプル集を無料でダウンロードできます。
代理店契約書サンプル

〇〇〇〇株式会社(以下「甲」という)と〇〇〇〇株式会社(以下「乙」という)とは、以下の通り、乙が、甲の製造販売する製品を販売するための代理店契約(以下「本契約」という)を締結する。
 
第1条  甲は、乙を代理店として指定するものとし、乙はこの指定を引き受ける。
  2  乙は、甲の製造販売する○○の製品(以下「本件製品」という)の販売にあたり、甲の代理店である旨を明確にするため「〇〇〇〇株式会社代理店」と表示し、または称さなければならないものとする。
  3 前項の代理店の表示方法について、甲より別途詳細に定めた明細書による指示があった場合は、乙はこれに厳格に従うものとする。

第2条 本契約に基づき乙に認められる、甲の代理人としての権限(以下「代理権」という)の範囲は、乙と乙の取引先との間における以下の各号の行為に限る。
① 売買契約の締結及び締結に関する説明
② 商品の納入、配送
③ 売買代金の請求及び受領
④ その他上記に付帯関連する業務としてあらかじめ甲の指定した業務

第3条 乙が、甲の代理人として販売する本件製品の取扱売上額は、毎月の取扱実績により上限を○○○円と定める。
  2  乙は、甲に対し、以下の行為をしなければならない。
① 取引先との個別売買契約書等の提出
② 取引先への商品の納品
③ 取引先への代金の請求及び領収
④ 甲所定の書式による、甲への営業成績の報告

第4条 乙は、取引先に見積書を提出した場合、遅滞なく、甲に提出しなければならない。
  2 乙は、取引先より注文書を受領した場合、遅滞なく、甲に提出しなければならない。
  3 乙が、取引先と売買契約を締結した場合、遅滞なく、契約書を甲に提出しなければならない。

第5条 乙は、本契約に基づき自己が成約した売買契約の代金回収については、原則として乙の責任でなさなければならない。

第6条  甲が乙に対して支払う手数料は、別途甲乙協議して定める基準により、毎月の回収代金に基づき算出されるものとする。
  2  乙が回収した売買代金と、乙が甲から受け取る手数料は相殺処理しない。

第7条  乙は、本契約後、甲の製造販売する商品について知り得た営業上及び技術上の秘密を第三者に漏洩してはならない。

第8条  乙は、本契約の保証金として、金〇〇〇万円を甲に支払い、本日甲はこれを受領した。
  2  前項保証金には利子を付さないものとし、本契約が終了した場合には、乙の甲に対する債務等を清算した残額を、契約終了から〇日以内に甲が乙に対して返還する。

第9条  甲、乙は、次の各号の一つに該当する場合、期限の利益を失い、相手方に対し催告をしないで直ちにこの契約及び個別契約を解除できる。
① 本契約あるいは個別契約の条項に違反したとき
② 銀行取引停止処分を受けたとき
③ 第三者から強制執行を受けたとき
④ 民事再生・あるいは会社更生等の手続を開始したときまたは申立を受けたとき
⑤ 信用状態の悪化等あるいはその他契約の解除につき、相当の事由が認められるとき

第10条 本契約の有効期間は、本契約成立後〇年間とし、期間満了〇ヶ月前までに、甲乙が互いに相手方に対し文書による更新拒絶の申出をしない限り、さらに〇年間更新されるものとし、以後も同様とする。

第11条  この契約に定めのない事項またはこの契約の条項の解釈に疑義を生じたときは、甲乙誠意をもって、別途協議のうえ定め、円満解決を図るものとする。

第12条  本契約ないし本契約に基づく個別契約に関する紛争については、〇〇地方裁判所を第一審の管轄裁判所と定める。

以上を証するため、本契約書を2通作成し、甲乙記名捺印のうえ、甲乙各自1通を保有する。

平成〇〇年〇〇月〇〇日
                     甲 住所
                       氏名 〇 〇 〇 〇   印

                     乙 住所
                       氏名 〇 〇 〇 〇   印